*

Column

お口の健康コラム

*

歯周病と認知症

愛知県津島市にある歯医者、つしまファミリー歯科です。

先日、九州大などの研究チームが「歯周病菌が体内に侵入し、認知症の原因物質が脳に蓄積して記憶障害が起きる仕組みを」解明しました。

これは認知症対策につながる発見です。

認知症の7割はアルツハイマー病。アミロベータなどの異常な淡白質が長年、少しずつ脳に蓄積し症状の進行や発症につながるとされています。

歯周病の原因菌やその毒素が血管を通じて体内に侵入することでアミロベータ(Aβ)が体内で生成され、脳にまで蓄積することは解明されてきましたが、蓄積の仕組みまでは今までわかっていませんでした。

九州大や北京理工大などの研究チームは3週間マウスの内部に直接、歯周病菌を投与して感染させ、正常なマウスと比較しました。

その結果、歯周病菌に感染したマウスの脳の血管には、アミロベータを脳に運ぶ受容体と呼ばれるタンパク質の数が2倍に増えていました。脳の細胞へのアミロベータの蓄積はなんと10倍にも。この歯周病菌を投与したマウスと投与していないマウスの記憶実験では、明らかな差が認められました。

アミロベータを運ぶ受容体の働きを阻害する薬剤を使えば感染した細胞内を通るアミロベータの量を4割減らすことも確認できたとのことです。

これらの研究で、歯周病菌が原因で異常なタンパク質を脳に蓄積させてしまい、認知症を起こすことが解明されました。

逆に言えば、歯周病の治療を行うことで認知症の予防や発症、進行を遅らせることが可能になったということです。

津島市にあります、つしまファミリー歯科では、歯周病の治療、その後の予防歯科に力を入れています。

歯周病は痛みなくどんどん進行してしまう病気です。

ぜひ一度検診、歯周病の検査に来院してくださいね★

愛知県津島市の歯医者 つしまファミリー歯科

0567−26−4335

ページの先頭へ戻る