*

小児歯科・マタニティ歯科

Medical

*

Child

お子様の気持ちに
寄り添う診療

お口の健康を守るため、痛くなる前に歯科医院へ通うことは、生涯の健康に大きくに影響します。
子どものうちから定期的に通う習慣を当たり前にすることが重要となるので、
つしまファミリー歯科では来院したお子様に「楽しい!また行きたい!」と思ってもらえる
やさしく丁寧でお子様の気持ちに寄り添った歯科医療、医院づくりを心がけています。

お子様が歯医者嫌いに
ならないように

*

お子様の気持ちに寄り添う歯科医療を
子どもの頃「怖い!痛い!行きたくない!」と歯科医院へ恐怖心を感じてしまうと、簡単に払拭できず、大人になった時に歯科医院から足が遠のいてしまう原因にもなってしまいます。
つしまファミリー歯科ではお子様のお口の健康を長期にわたり支えるために、お子様を歯医者嫌いにさせないやさしく丁寧な対応と、ご家族で通院しやすい医院づくりにも配慮しております。
小さなお子様の治療は早く終わるように、すぐに治療に入るのが難しいお子様には、始めに診療器具や歯医者さんに慣れてもらうなど、年齢や治療の状況にあわせた対応をし、お子様が自身のお口や歯に興味を持てるよう工夫しています。

*

お子様の成長をご家族と一緒に支えます
歯が生え始める乳幼児期から始まり、幼稚園・保育園生、歯の生え替わりが行われる小学生、そして永久歯列や咬み合わせの完成する中学生まで、それぞれの成長段階に合わせた支援をしっかり行い、歯や歯並びを含めた成長・発達を長期間にわたり見守り、継続的に管理することで、お子様の健康を生涯守り続けていくことができます。
適切な歯科医療の提供・成長のサポートにより、お子様のご家族とともにその子の将来をも見据えられるように努めていきます。
*
入会無料 楽しく通える歯医者さん 歯っぴーキッズクラブ

治療の後はガチャガチャができる♪ スタンプを集めてプレゼントゲット!

治療を終えてからも予防のために、歯医者さんへ通うのはとっても大切なことです!
つしまファミリー歯科では、こどもたちの健康なお口づくりのために
「歯っぴーキッズクラブ」を作り、検診、メインテナンスを頑張るお子様をサポートしています。
治療を頑張ったお子様は診療後にガチャガチャができるほか、検診毎のスタンプを集めるとプレゼントがもらえたり、お子様が楽しく通院できる工夫が盛りだくさん♪

親子で安心できるよう医院づくりにもこだわりを!親子で安心できるよう医院づくりにもこだわりを!
*
ご家族で一緒に受診できる
個室のファミリールーム
*
待ち時間もお子様が楽しく遊べる
キッズルーム
*

大切なお子様の今、
そしてこれからの健康のために

*

虫歯になりにくいお口へ
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は無菌状態だと言われていますが、ではなぜ虫歯になってしまうのでしょうか?
虫歯は菌による感染症です。周囲の大人からのキスや噛み砕いた食事を与えるなどのスキンシップから虫歯菌がお子様にうつり、虫歯に感染してしまうのです。
虫歯菌への感染時期を遅らせると、将来虫歯ができにくくなるという報告があります。つまり、今お子様を虫歯から守ることは、将来のお子様のお口の健康を守ることにつながるのです。
お子様を虫歯から守る3つの方法お子様を虫歯から守る3つの方法
感染源の除去
感染源となってしまうお母様など周囲の大人の方のお口を清潔に保つことが重要になります。
虫歯がある大人の方は早急に治療するのはもちろん、毎日の歯磨きに加え、歯科医院でのケアやクリーニングを受けましょう。
感染経路の遮断
キシリトールは虫歯の感染を防ぐのに効果的なので、それを活用し、安全なスキンシップを心がけましょう。
特に、無糖、糖類0g、シュガーレスなどと表示されている製品がお勧めです。
抵抗力の強化
歯質が弱く免疫力の低いお子様の歯は、歯科医院での歯みがき指導を受けたり、歯の溝を埋めるシーラント填塞、歯質を強化するフッ化物(フッ素塗布)などを活用し守っていきましょう。
  • *
    歯みがき指導
  • *
    シーラント填塞
  • *
    フッ化物の活用

*

保護者の方へのお願い
大人は我慢できることも、お子様にとっては大変です。
治療の後はお子さんをたくさんほめてあげてください。
*

Maternity

マイナス1歳からの虫歯予防

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中に虫歯の原因となる菌はおらず、
お母様をはじめ、周りの大人から虫歯がうつってしまうケースが最も多いのです。
また、妊娠中の歯周病は早産・流産・低体重児のリスクを上げてしまうという報告もあります。
お子様の安全で健康な出産のために、妊娠中から治療やケアなどを始めましょう。

お子様の健康な
お口づくりのためにも

2歳児の虫歯発生率

子どもの虫歯リスクに母親の虫歯が影響します
母親に虫歯がある子どもは無い子どもと比べ、虫歯になる確率が明らかに高いことがわかっています。
子どもの頃に虫歯にかかったかどうかは、大人になった時の虫歯にかかりやすいかどうかにも影響があります。
妊娠中からしっかりとした治療と予防に努め、お子様に悪い虫歯菌をうつさないようにましょう。
こまめなケアで
お口のトラブルを防ぎましょう
朝起きたらまずは歯みがき
起きてすぐのうがいや歯みがきにより、寝ている間にお口の中で繁殖した細菌を除去しましょう。
それにより虫歯が予防され、口臭予防にも効果があります。
起床後だけでなく、寝る前や食後の歯みがきも大切です。
こまめなうがいで予防ケア
つわりでつらく、歯みがきをするのが困難な時は、こまめにうがいをし、お口の中の汚れを洗い流しましょう。
フッ素入りの洗口剤を使うとより効果的です。つわりが安定したら、いつも通りの歯みがきを心がけてください。

よくあるご質問

Qレントゲン撮影での赤ちゃんへの影響はありますか?
A

歯科のレントゲン撮影はお口を焦点に行うので、お腹から離れているのと、被ばく線量も少ないので、お母様のお身体や赤ちゃんへの影響は少ないと考えられています。
また、撮影時にはX線を遮断する防護用エプロンを必ず着用していただくため、お腹の赤ちゃんへの影響はほぼありません。

Q処方された薬は飲んでも大丈夫ですか?
A

妊婦さんに処方される薬品は安全性が高いと認められたものなので、ほとんど心配ありません。
また、妊娠中のお薬の処方は出来るだけ控えており、処方が必要な際も妊娠の時期、状態、体質等に合わせ、一番安全だと思われる薬を選んでおります。

Q治療時の麻酔は赤ちゃんへの影響はありませんか?
A

歯科治療で行う麻酔は部分的に効果のある局所麻酔というものなので、通常量の使用では母子ともに心配するような影響はありません。
麻酔を使用せず、痛みを我慢することによるストレスの方が問題になることもありますので、痛みを感じた場合は遠慮なくお申し付けください。

Q授乳中ですが、母乳への影響はありませんか?
A

レントゲン撮影、麻酔治療など、通常の歯科治療で母体や母乳に影響を及ぼすことはほとんどありません。
どうしても心配な場合、麻酔後や服薬後は5時間ほどあけ、薬が体外へ排出されてから授乳することをお勧めします。

Medical
ページの先頭へ戻る