*

義歯(入れ歯)

Medical

*

Denture

オーダーメイドの
快適な入れ歯

入れ歯が合わず硬いものを噛めない…、入れ歯が落ちそうで心配で笑えない…、
そんな不安を持ちながら我慢して入れ歯を使っていませんか?
つしまファミリー歯科では、不快な症状でお悩みの方が快適な生活を送れるよう、
あなたに合った精密なオーダーメイド入れ歯をご提供しています。

義歯(入れ歯)の種類

*

ご希望に合わせた最適な入れ歯をご提案!
入れ歯には、歯を部分的に失った場合の部分入れ歯と、すべての歯を失った場合の総入れ歯と2種類の入れ歯があります。そして、それぞれ保険適用のもの、保険適用外(自費)のものがあります。
当院では始めにお口の状態を確認し、ご希望に合わせたあなたに最適なプランをご提案します。
部分入れ歯
部分的に歯を失った場合の補綴治療法です。
失ってしまった歯の代わりをする人工歯、歯ぐきを補うピンク色の床(しょう)、これらを残っている歯に固定するためのクラスプ(留め具)の3つから構成されています。
保険適用では樹脂(プラスチック)の人工歯および床と金属のクラスプとなりますが、保険適用外(自費)では留め具がなく自然な見た目をしたノンクラスプデンチャーなどもお選びいただけます。
保険適用の場合 金属のクラスプ(留め具)
保険適用外の場合 クラスプがないものなどの選択が可能
総入れ歯
すべての歯を失った場合に行う治療法です。
総入れ歯は、自分の歯の代わりとなる人工歯と、粘膜の上に乗る歯ぐきの代わりとなる床(しょう)を、粘膜の吸着力で口腔内に維持させます。
保険適用では樹脂(プラスチック)の人工歯・床の使用しかできませんが、保険適用外(自費)では、セラミックの人工歯や金属床など、審美性や強度に優れた様々な素材の使用が可能です。
保険適用の場合 人工歯と床はプラスチック
保険適用外の場合 金属床など様々な素材の選択が可能
保険適用の入れ歯
  • 人工歯、床(しょう=歯ぐきとなる部分)はプラスチック(レジン)でできている
  • 部分入れ歯のクラスプ(留め具)が金属なので、場所によっては一目で入れ歯だとわかってしまう
  • 床がプラスチックでできているため、一定の厚みが必要
メリット
費用負担を抑えられます。
また、破損が生じても、主な素材はプラスチック(レジン)なので修理が容易です。
デメリット
床の素材がプラスチックなので、臭いや汚れが吸着しやすかったり、長期間の使用で変色やすり減りが起こったりします。
また、一定の厚みが必要なのでそれが強い違和感になってしまうことも。
総入れ歯の場合は、プラスチックの面積が広がってしまうので、食べ物の味や温度がわかりづらくなることがあります。
保険適用外の入れ歯
  • 素材を選択できるので、臭いがつきにくい素材や丈夫な金属などに変更できる
  • クラスプ(留め具)のない入れ歯を作ることができ、見た目がきれい
  • オーダーメイドでご要望に合った精密な入れ歯を作ることができる
メリット
金属を床に使用することで薄く熱伝導性の高い入れ歯を作れたり、入れ歯だということがわかりづらいクラスプ(留め具)の付いていない入れ歯の作製など、要望に応じて一からオリジナルの精密入れ歯を作製できます。
保険適用での入れ歯のデメリットがカバーされるので、使い心地や見た目の追及が可能です。
デメリット
全額自己負担で受けていただく治療ですので、費用負担が比較的大きくなってしまいます。

当院おすすめの快適入れ歯

*

ノンクラスプデンチャー
金属のバネがないので入れ歯であることが分かりにくく、見た目も自然な仕上がりになります。
弾力性樹脂を使用しているため、とてもしなやかでソフトな着け心地です。
弾力性があるため強く咬んでも破損する可能性は低めです。

メインテナンスについて

*

定期的なメインテナンスで長持ちするように!
入れ歯自体を毎日洗浄して清潔にお使いいただくのはもちろん、予防によるお口の健康の維持によりできるだけ長く入れ歯をお使いいただけます。毎日のブラッシングも大切ですが、定期的に歯科医院へ通ってメインテナンス・クリーニングされることをおすすめしております。
掃除を怠ったり歯科医院でのクリーニングを受けずに汚れが溜まってしまうと、口臭の原因や、土台になっている歯が歯周病になって抜けてしまい入れ歯を作り直すことになってしまう恐れもあるので、「咬めれば良い」という考えの方は注意してください。
入れ歯を快適に使い続けるため、残った歯を守るためにも歯科医院でメインテナンスを受けましょう。
Medical
ページの先頭へ戻る