*

虫歯治療

Medical

*

Caries treatment

なるべく痛くなく、
削らず、抜かない治療

つしまファミリー歯科では、その時悪いところだけを治すような治療ではなく
患者様一人ひとりへ、天然の歯を残すことを第一に考えた最適な治療プランを提供し
患者様の心身に配慮した「痛くない・怖くない治療」を心がけています。

治療の時に大切にしていること

*

可能な限り多く長く天然の歯を残すために
一度削った歯は被せ物や詰め物をしても、二度と天然の歯に戻ることはありません。また、治療しても今までと同じ意識や生活では虫歯の再発が起きてしまいます。虫歯になる度に削って、治して、また虫歯に…と繰り返すと、ご自身の歯はどんどん少なくなり、残った歯の寿命も短くなってしまいます。 だからこそ、つしまファミリー歯科はMI(Minimal Intervention=最小限の侵襲)治療と呼ばれる、なるべく削らず、抜かない治療へ取り組み、可能な限り天然の歯を残せるように努めています。 さらに、残った歯で生涯生活ができ、それ以上歯を削ることがないように、治療後の予防・ケア・メンテナンスでサポートいたします。
なるべく痛みを抑えたやさしい治療
つしまファミリー歯科では、歯だけでなく治療中の患者様への負担・痛みをできるだけ抑えられるように、注射ではなく塗る麻酔を使用したり、積み重ねた技術によって細部に配慮した治療を行います。
また、「痛み」に大きく影響する緊張や不安を和らげられるように、歯医者が苦手な方も通いやすいように、明るい医院づくりと丁寧でやさしい対応を心がけています。

歯医者が苦手でも通いやすい♪

虫歯治療について

虫歯の原因は「歯質」「糖分」「細菌」

虫歯の原因は?どうやって防げば?
虫歯は、歯質・細菌・食べ物の3つの要素に時間の経過が加わってできると言われています。
菌の塊と言われる歯垢(プラーク)に含まれた、虫歯の原因となる細菌(ミュータンス菌)が糖分やタンパク質を分解していきます。それにより排出された酸などが、歯のエナメル質やカルシウム、リンなどの成分を溶かすことにより虫歯が作られていきます。
「たくさん甘いものを食べていても、歯みがきをしていなくても虫歯がない」そんな人は、もともと持っている細菌の量が少なかったり、溶け出したカルシウムやリンなどの成分を元に戻す働きがある「だ液」の力が強い人です。
  • 歯質
    歯を構成するエナメル質、象牙質、セメント質など成分のことで、この強さが虫歯へのなりやすさを左右します。フッ化物の利用で再石灰化を促進したり、よく噛んでだ液の分泌を促進したりすることで強化ができます。
  • 糖分
    食後は暫くお口の中が虫歯になりやすい酸性の状態になるため、間食が多いとその状態が続いてしまいます。
    砂糖の少ないおやつの選択、だらだら食いを控える、バランスのとれた食生活を送る、などを心がけましょう。
  • 細菌
    歯科医院でのメンテナンスで歯垢や歯石などの菌の塊を除去しましょう。
    また、虫歯の原因となる細菌の活動を抑えるため、キシリトールやフッ化物を活用し、細菌をなくすように心掛けましょう。
虫歯はこうして進行します
  • *

    歯の表面に虫歯ができます

  • *
  • *

    虫歯が神経に近くなり、冷たいものがしみます

  • *
  • *

    熱いものがしみて、ズキズキ痛みます

  • *
  • *

    神経が死んでしまい、痛みを感じなくなります

痛みがなくなったからと
放置していると…
細菌と膿が根の先にたまることで炎症が起き、硬いものを噛んだりすると痛みや違和感を感じるようになります。まれにではありますが、そこから全身に細菌が侵入してしまうこともあります。まずは予防をし、虫歯になってしまったら早急に治療を行いましょう。
Medical
ページの先頭へ戻る