*

口腔外科

Medical

*

Surgery

口腔外科とは?

口腔外科とは、虫歯や歯周病とは異なる疾患(病気)を治療する、外科的方法です。
津島市の歯医者 つしまファミリー歯科で行う口腔外科治療の主な例としては、
「親知らず」「顎関節症」
「転倒などによる歯の破折・口の中の裂傷」「口腔粘膜疾患(口内炎)」などが上げられます。
お口やあごについて、まずは症状や状況を伺い、最善の治療法を提案させていただきます。

口腔外科で治療する主な症状

埋伏歯(親知らず)
斜めに生えてしまったり埋まっている親知らずが痛い。また周囲の歯肉が腫れて痛む。
顎関節症
アゴを動かすと痛みを感じたりカクカクと関節の音が鳴る。口が大きく開かない。
口腔粘膜疾患(口内炎)
口の中の粘膜が赤くただれている。口の中に触れると小さな潰瘍があり、痛む。
良性腫瘍
口の粘膜や歯茎、顎の骨などに腫瘍(できもの)がある。
外傷
転倒して口の中を切った。ぶつけて歯が抜けた、もしくはぐらぐらしている。

こちらの症状以外にも様々なお口の疾患に対応いたします。

気になることはお気軽にご相談ください。

親知らず

横に生えた親知らずによる悪影響:歯ぐきの腫れ、すき間に汚れがたまり虫歯に、周囲の歯並びが悪化

親知らずでお困りではありませんか?
現在の日本人は、顎が小さく、顎の奥に親知らずの生える場所がないため、正しい位置にうまく生えないことが多いです。そのため、前の方に傾く、横向きに生える、歯の一部だけしか顔を出さない、などの問題もあります。
また親知らずは埋伏歯(まいふくし)という、骨や歯肉の中に埋まったままで歯があるのに萌出しない場合もあります。埋伏歯により、手前の歯が圧迫されて歯並びが乱れたり、隣の歯に悪影響を与えることがあります。また、細菌が埋伏歯と歯肉の隙間から侵入して化膿してしまうこともあります。

*

親知らずは抜かなければならないの?
全ての親知らずを抜かなくてはいけないという訳ではなく、正常にまっすぐ生えていて咬み合わせに問題がない場合は、急いで抜く必要はないのです。
しかし例え痛みがなくても、親知らずの位置や向きによっては手前の歯が圧迫されて歯並びが乱れてくることがあります。悪化するとかなり激しい痛みや腫れを覚え、さらに腫れて口があけられない、飲み込もうとすると痛むなど急激に悪化してしまう場合もあります。
悪化する前に気になる症状があれば、早めにご相談することをお勧めしております。

顎関節症

顎関節症の症状をチェック
  • 物を噛むと、こめかみや耳の付け根が痛い。
  • 口を開けようとしたら、突然、開かなくなった。
  • 口を大きく開けて、指が縦に3本入らない。
  • 口を開けたり閉じたりする時に「ガクン」と音がする。
  • 食べ物を噛んでいたり、人と話していると あごがだるくなる。

上記の症状に当てはまる方は、顎関節症の疑いがあります

*

顎関節症になる原因とは
「歯並びや咬み合わせが良くない」「よく頬づえをつく」「食いしばり、歯ぎしりをする癖がある」「1日中ガムを噛んでいる」などの生活習慣、癖、ストレス、咬み合わせ、姿勢などによって、あごに必要以上の負担をかけていることがあります。
それらの要因が、複数に重なることで発症すると考えられています。
こんな日常生活で顎に大きな負担がかかっています!
  • 長時間パソコン作業に集中している時
  • 長時間ゲームに夢中になっている時
  • ストレスが多くイライラしている時
  • 千切りなどの調理に集中している時
  • 下を向いて携帯電話でメールを打っている時
奥歯を食いしばらず、あごをリラックスさせましょう!

口内炎や口の中のできもの

なかなか治らない、そんな場合は早めに受診を
お口の中のできものといえば一般的に口内炎が多いですが、痛みもなくできものがだんだん大きくなるような場合はがんや良性腫瘍の可能性もあるので、早めに受診をしましょう。
口内炎
合わない入れ歯や、尖った歯などがこすれて傷を作ったり、慢性的な刺激が原因で潰瘍(かいよう)になることがあります。
平たい灰白色や黄色の膜で覆われているため、痛みはあまりありません。当たっている尖った歯を丸めてもらったり、入れ歯の修理をすれば、1〜2週間ぐらいで治ります。
口腔がん
口腔がんは口の中にできる悪性腫瘍をいいます。胃がんや肺がんと違い、口腔がんはほとんどが目で直接見ることができます。
ただ、見た目が口内炎や潰瘍と似ており、その他の潰瘍と比べて痛みも少ないため、口腔がんだということに気づかない場合もあります。 「2週間以上治らない口内炎がある…」という方は要注意です。診察を受けるようにしましょう。

ボトックス注射

*

ボトックス注射で歯ぎしり・食いしばりを緩和
ボトックス注射というと美容目的のイメージが強いですが、実は、咬む力をコントロールする治療でも活躍します。ボトックス注射に含まれるボツリヌストキシンという成分には筋肉を収縮させる神経を抑制する作用があり、これによって咬合力を減少させることで歯ぎしりや食いしばりなどの症状が緩和できます。津島市の歯医者つしまファミリー歯科では、歯への過剰な負担を減らし、歯・歯根の破折や、被せ物・詰め物・インプラントの脱離破損を予防するために対応しています(自由診療)。
こんな方にオススメ
  • 食いしばり、就寝中の歯ぎしりがある方
  • 被せ物、詰め物、インプラント治療を行った方
  • 歯のすり減りを実感、指摘された方
メリット
歯ぎしり・食いしばりを緩和することで過剰な負担が軽減され、歯や歯根の破折、人工歯の脱離や破損、歯周病の悪化、顎の痛み、顎関節症、首・肩の痛みやこり、といった諸症状を改善できる可能性があります。
デメリット
痛み・腫れ・内出血が生じる可能性があります。また過剰投与により効果が出づらくなったり、緊張筋以外の部位に投与してしまうと食事に支障が出る場合も。
ボトックスのアレルギーがある方、妊娠中・授乳中・妊娠の可能性がある方には施術できません。
Medical
ページの先頭へ戻る