*

矯正歯科

Medical

*

Orthodontic

矯正治療で
心も体も健康で美しく

歯並びや口もとを気にしている方も、「美しい笑顔」で健康な生活を送るために
歯並びで気になることがあれば、小さなことでもお話しください。
お口の中を拝見し、矯正治療が必要か判断しますので、まずはお気軽にご相談ください。

こんな歯並びで
お悩みではありませんか?

  • デコボコしている
  • 受け口が気になる
  • すきっ歯を治したい
  • 出っ歯で悩んでいる
  • 口が閉まらない
  • 咬み合わせが深い

歯並びが悪いと
こんな影響があります

  • 歯への影響
    虫歯や歯周病になりやすい
    歯並びが悪いと歯みがきの効率が悪く、歯の間に汚れも溜まりやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが高く、口臭の原因にもなります。
    歯科治療の効率が悪い
    歯並びや咬み合わせが悪いと、矯正治療以外の一般的な歯科治療も複雑化し困難になる傾向があるため、治療効率が上がらないことがあります。
  • 身体への影響
    咀嚼しづらく、
    発音しづらい場合もあります
    食べ物をよく噛めないまま飲み込んでしまうことが多く、胃腸などの消化器官や、あごの関節への負担が大きくなることがあります。
    体の成長に悪影響を
    及ぼしてしまうことも…
    成長期に歯並びが悪いと、お口の筋肉をはじめとする骨自体の成長や発育を阻害します。
    咀嚼機能(噛むこと)の発育不良が原因で、体全体の発育が遅れてしまう場合もあります。
  • 心への影響
    精神的なストレスを
    感じやすいことも!
    歯並びを気にし、人前で上手く笑うことができないなど、精神的にも負担を感じることがあります。
    また、全身のバランスが崩れてしまうので、頭痛や肩こりの原因につながる場合もあります。

子どもの矯正治療

初期治療(第I期)と本格治療(第Ⅱ期)の2段階治療
矯正治療は、早期による治療が何よりも重要です。
できるだけ早く、成長段階である子どもの内から矯正治療を始めることが、本人へかかる負担や費用を軽減させることにつながるのです。
出っ歯や受け口など、お子様の歯並びや咬み合わせに少しでも気になることがございましたら、お気軽に当院にご相談ください。
治療に入る前に、まずはお口の状態を拝見した上で、お子様に適した治療プランや治療開始時期などについて提案させていただきます。
第1期矯正治療:5歳〜12歳頃
乳歯と永久歯が混ざった時期(混合歯列期)に行います。
成長期の治療なので、歯列の幅を広げることも、顎の成長を促進・抑制することもでき、土台からしっかり整えられます。取り外しできる装置を使うことが多いので負担も少なく、痛みもほとんどありません。
第2期矯正治療:12歳頃〜成人
永久歯が生え揃った頃を目安に治療を始めます。
この治療に年齢制限はありませんが、歯や体の負担を少なくするためになるべく早めに治療を始めることをお勧めしております。きれいでしっかり咬める歯並びと口元を整える治療を行います。
使用する主な装置
  • 拡大床

    拡大床
    入れ歯のような床(しょう)についたネジを回すことによって顎を拡げたり歯を動かす、取り外せる装置です。
  • プレオルソ

    プレオルソ
    歯並びを悪くしている根本的な原因・悪癖から改善する、柔らかく取り外しができるマウスピース型の装置です。
  • マルチブラケット

    マルチブラケット
    歯に装着するブラケット、そこに通された、歯を動かすワイヤーによって構成された、よく知られている装置です。

大人の矯正治療

*

何歳からでも矯正治療は始められます
矯正するのはもう遅い、そう思っていませんか?
矯正治療に年齢制限はなく、大人になってからでも、何歳からでも始めることができます。
正しい咬み合わせは顎関節や筋肉、歯周組織に負担をかけなくて済むので、全身の健康にもつながります。また、歯並びがきれいになると歯みがきもしやすいので、虫歯や歯周病を予防することができます。もちろん、見た目を気にされている方のストレスもなくなり、明るい笑顔で毎日を過ごすことができるようになります。

部分矯正・プチ矯正

気になるところだけ治したい!

気軽に行える、短期間・低価格の矯正治療
歯並びや見た目は気になるけど、費用・期間を考えてしまうと矯正治療に踏み込めない…、とお悩みの方も気軽に矯正治療を受けていただけるように、矯正装置を限られた本数に取り付け、気になるところだけを集中的に治す、部分的な矯正治療も行っております。
気になるところだけキレイにしたい、費用を抑えたい、歯を削らずに形を整えたい、などのご要望にお応えします。
Medical
ページの先頭へ戻る