*

Blog

ブログ

*

過蓋咬合ってなに??

みなさん、こんにちは✨ 名鉄津島線津島駅より徒歩7分名鉄バス停東柳原町目の前 歯科医院専用駐車場15台で家族で通いやすい予防歯科を大切にする津島市の歯科医院(歯科・歯医者) つしまファミリー歯科、歯科衛生士の奥村です。

今日は過蓋咬合についてお話します!

かみ合わせが深すぎて、下の歯がほとんど見えない歯並びのことを過蓋咬合(かがいこうごう)と言います。

過蓋咬合のデメリットとしては、かみ込みが深いため、奥歯への負担が強くかかってしまい、奥歯のすり減りが激しくなる傾向があります。また、下の前歯が上の前歯に食い込むようにあたるため、上の前歯が前に押されて出っ歯になっていくことがあります。そして、下の前歯が上の前歯に強く当たることで歯にダメージが加わる、もしくは、下の前歯が上の前歯の裏側の歯茎に当たる場合、歯茎に炎症を起こしやすくなります。そのほかにも、かみ合わせが深いことで下あごの動きが制限されてしまい、顎関節に強い負担がかかりやすいため、顎関節症を起こしやすかったり、かみ込みが深いため、歯に強い力がかかります。それゆえ詰め物や被せ物を入れても脱離を繰り返す傾向があります。

過蓋咬合になる原因

・奥歯がひどい虫歯になって高さを失った、もしくは抜歯になってそのままの状態が続くと、かみ合わせが深くなることがあります。

・上下のあごの発育バランスが悪くても起こることがあります。

・顎関節の状態に異常があると、上下の位置関係に影響し、かみ合わせが深くなることがあります。

・歯ぎしりや食いしばりで奥歯が擦れ、高さが低くなることが原因になる場合もあります。

治療法としては、顎顔面矯正、ワイヤー矯正、マウスピースでの矯正などがあります。

治療する年齢、お口の状態などによっても適する治療法が変わってきます。

分からないことや聞きたいことがあればお気軽にお声かけください!

予防歯科、虫歯治療、歯周病治療、小児(こども)歯科、ホワイトニング、インプラント、矯正治療なら

津島市の歯医者(歯科・歯科医院)つしまファミリー歯科へ

TEL 0567−26−4335

2024年3月
« 2月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページの先頭へ戻る