*

Blog

ブログ

*

妊娠期の歯のケアについて💫

みなさん、こんにちは✨ 名鉄津島線津島駅より徒歩7分名鉄バス停東柳原町目の前 歯科医院専用駐車場15台で家族で通いやすい予防歯科を大切にする津島市の歯科医院(歯科・歯医者) つしまファミリー歯科、歯科衛生士の奥村です。

今日は妊娠期の歯のケアについてお話します!

妊娠中は口内環境が変化し、歯や歯ぐきのトラブルが起こりやすい時期です。

注意が必要なトラブルとしては、歯周病になりやすい=妊娠性歯肉炎、口臭が発生しやすくなくる、むし歯になりやすい、口内炎になりやすい、親知らず(智歯周囲炎)などです!

妊娠初期は、つわりがひどくハブラシを口にするのも苦労しがちな時期です。そんな時は一日のうちで体調のよい時間に歯磨きを行いましょう。その際、ヘッドの小さいハブラシを使用します。またハミガキ剤は、香料や味の強いものは避けるといいです!歯磨きできない時はデンタルリンスや水でのブクブクうがいをしましょう。

歯科治療を受ける時期としては、体調も比較的安定している妊娠中期がおすすめです!

皆さんは歯周病が早産の原因になることがあることを知っていますか?

歯周病の妊婦さんは歯周病でない妊婦さんに比べて約5倍も早産になりやすいです。妊娠期には、女性ホルモンの増加により炎症に対する反応が増し、口の中での歯周病原因菌が繁殖しやすくなります。歯周病になると、体内の自分を守ろうとする細胞から、出産のサインになる物質が過剰に作られます。妊娠前からの歯周病の予防や治療は元気な赤ちゃんのためにも大切です。

分からないことや聞きたいことがあればお気軽にお声かけください!

予防歯科、虫歯治療、歯周病治療、小児(こども)歯科、ホワイトニング、インプラント、矯正治療なら

津島市の歯医者(歯科・歯科医院)つしまファミリー歯科へ

TEL 0567−26−4335

2023年2月
« 1月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728 
ページの先頭へ戻る