*

Blog

ブログ

*

新型コロナウイルスと舌清掃の関係

みなさんこんにちは✨名鉄津島線津島駅より徒歩7分名鉄バス停東柳原町目の前 歯科医院専用駐車場15台で家族で通いやすい予防歯科を大切にする津島市の歯医者さん つしまファミリー歯科、歯科衛生士の石黒です☺️

新型コロナウイルスは落ち着いてきてはいるものの、北海道や九州で第2波がきており油断できないですね今回は新型コロナウイルスと舌清掃についてお話しします!

鶴見大学歯学部教授の花田信弘先生が、舌清掃をすることで、コロナウイルスの重症化を予防することができると述べられていました。新型コロナウイルスは肺の機能が低下することはわかっていますが、お口の細菌も肺に入ることで重症化してしまうのです。怖いですよね。

皆さんは歯磨きした後フロスや歯間ブラシをしていますか?その後舌磨きをしていますか?舌の表面は凸凹しており、その間に食べかすや汚れが溜まると、舌苔と呼ばれる白いものが付着します。舌磨きをしていないと、知らぬ間に舌苔が付着していて、口臭の原因にもなっているかもしれないです。

舌磨きは、お口と身体の健康のために必要なのです!では舌磨きのやり方を説明します☀️

用意するものは舌ブラシ(歯ブラシでも可)と必要であれば保湿剤のみです。

①鏡を見ながら行いましょう。舌苔が付着していない部分は、磨かなくてOKです!

②ジェル又は水をブラシに付けます。

③ブラシを奥から手前に向かって5回ほど動かします。この時、手前から奥に動かすと、細菌が喉へ行ってしまうので注意です⚠️

3ステップで終了です。手軽にできそうですよね☺️舌磨きをする時に、嘔吐反射が出てしまう方は、思いっきり舌を前に出して行ってみてください✨また、無理に汚れを取ろうと強い力で行うと、舌が傷ついてしまうので、軽い力で毎日頑張りましょう!

舌苔について気になる事があれば、なんでもご相談ください♡

予防歯科、虫歯治療、歯周病治療、小児(こども)歯科、ホワイトニング、インプラント、矯正治療なら

津島市の歯医者(歯科・歯科医院)つしまファミリー歯科へ

TEL 0567−26−4335

ページの先頭へ戻る