*

Blog

ブログ

*

咀嚼と栄養

みなさん、こんにちは

名鉄津島線津島駅より徒歩7分名鉄バス停東柳原町目の前 歯科医院専用駐車場15台で家族で通いやすい予防歯科を大切にする津島市の歯科医院(歯科・歯医者)

つしまファミリー歯科、歯科衛生士の今田です✨✨

外に出るとほのかな金木犀の香りがして心地の良い季節になりましたね😊秋は美味しい物がたくさんあるので大好きな季節です🍁

つしまファミリー歯科では今年もハロウィンイベントを開催しますのでお楽しみに🎃

今日は咀嚼(そしゃく)と栄養についてお話しますね。

ウィルス感染対策としてお口の中を清潔に健康な保つことはご存知の方も多いと思います。さらにもう一つ大切なのが、『咀嚼と栄養』です。

実は咀嚼機能は、免疫力を落とさないために、とても大事なことです。

咀嚼とは、食べ物を細かく砕き、すり潰し、唾液と混ぜ合わせて飲みこみやすくまとめる作業をいいます。

皆さんの中にも、虫歯がひどくあまりしっかりと食べられない方や残存歯が少なくなってしっかりと噛めない方、入れ歯が合わないから使わないままでいる方など咀嚼機能が低下されてる方は要注意です。

咀嚼機能が低い状態が長期間続くと、柔らかい食事が常態化しやすく、それらの多くは糖質に偏った食材です。それらはブドウ糖の摂取量を上げるので糖尿病悪化のリスクを高めることにもつながってしまいます。

また、咀嚼力を要求される肉類の摂取が減ってしまいます。そのことで、たんぱく質低栄養が進行し、血中アルブミン値が低下してしまいます。こうした状態は著しく免疫力の低下を招くことになるのです。

低栄養化によって免疫力が落ちれば、ウィルス感染症の重症化につながる恐れもあります。

虫歯の方や入れ歯の調子が悪い方は、決してそのまま放置せずに受診することをお勧めします。

また、ご家庭ではいつもよりたんぱく質やビタミンを含む食材を摂取するように心がけましょう。

お口の健康が全身の健康にも繋がります。栄養摂取の妨げにならないように咀嚼機能を低下させないように対処しましょう!

予防歯科、虫歯治療、歯周病治療、小児(こども)歯科、ホワイトニング、インプラント、矯正治療なら

津島市の歯医者(歯科・歯科医院)つしまファミリー歯科へ

TEL 0567−26−4335

ページの先頭へ戻る