*

Blog

ブログ

*

歯磨剤の選び方

みなさんこんにちは

名鉄津島線津島駅より徒歩7分名鉄バス停東柳原町目の前歯科医院専用駐車場15台で家族で通いやすい予防歯科を大切にする津島市の歯科医院(歯科・歯医者)つしまファミリー歯科、歯科衛生士の今田です✨✨

全国に緊急事態宣言が発令され外出自粛の毎日が続きますがみなさんはどのようにお過ごしですか?

私は1日も早く収束することを願いながらも家族との時間をゆっくり過ごしたり普段しないお菓子作りをしたりとおうち時間を楽しんでます

ストレスの溜まる事もあるかと思いますが上手に解消しながらコロナウィルスに負けないように過ごしましょうね!

今回はみなさんが検診に来院されたときに質問の多い歯磨剤(歯磨き粉)についてお話したいと思います✴️

どんな歯みがき粉を使えばいいですか?とよく質問されます

歯みがき粉にも色々な種類がありご自分の目的に合った歯みがき粉を選ぶことをおすすめします。

それでは歯みがき粉の目的とはどのようなものがあるでしょうか?

歯みがき粉には清掃成分以外に薬事上の薬用成分やそれに類する効能効果を期待する成分が入っています。

対象とする目的を5つに分けてご説明しますね

★脱灰を改善したい⇒フッ化物イオンに よる再石灰化

脱灰という歯質が溶け出す化学変化に対しては、進行を抑制して再石灰化を促すことが必須です。

成分名 フッ化ナトリウムまたはモノフルオロリン酸ナトリウムが配合された歯みがき粉を選びましょう。

★歯石・ステインを除去したい⇒浸透力による沈着抑制

歯石⇒ステイン(着色)については、浸透力によってそれらが付きにくく、剥がれやすくなるように対処します。歯石やステインが付きやすい方は汚れをかきとる作用に加えて汚れを浮かせる作用のある物を選ぶと良いです。

成分名 ピロリン酸ナトリウム、ポリリン酸ナトリウム、ポリビニルピロリドンなど。

★細菌を減らしたい⇒浮遊性菌、バイオフィルムの殺菌

細菌は、炎症が起きて増えている時の浮遊性菌、比較的症状が安定している時のバイオフィルム構成菌がありそれらに有効な成分が配合された物を選びましょう。

成分名 イソプロピルメチルフェノール、塩化セチルピリジニウム、グルコン酸、塩酸クロルヘキシジンなど

★炎症を抑えたい⇒軟組織の消炎、血行促進

抗炎症剤は殺菌剤と一緒に配合されていることがほとんどです。

成分名 イプシロンアミノカプロン酸、グリチルリチン酸ジカリウムなど

★歯質を回復したい⇒エナメル質、露出根面の結晶修復

虫歯などで失われていく結晶に対してはハイドロキシアパタイトの構成成分となるミネラル、とくにカルシウム成分を補給することで結晶修復を促します。フッ化物との併用で効果を高めます。

成分名 薬用ハイドロキシアパタイト、非結晶リン酸カルシウムなど

歯みがき粉の選び方には個人の清掃力によっても変わってきます。ご自分やお子さまに合った歯みがき粉選びをしてお家でのセルフケアの質を上げる事が大切な歯を守ることに繋がります☺️

ご不明な点やご質問などありましたらお気軽にスタッフにお声かけくださいね✨

予防歯科、虫歯治療、歯周病治療、小児(こども)歯科、ホワイトニング、インプラント、矯正治療なら 津島市の歯医者(歯科・歯科医院)つしまファミリー歯科へ TEL 0567−26−4335

ページの先頭へ戻る