*

Blog

ブログ

*

子供の虫歯の特徴

みなさん、こんにちは✨

名鉄津島線津島駅より徒歩7分名鉄バス停東柳原町目の前

歯科医院専用駐車場15台で家族で通いやすい予防歯科を大切にする津島市の歯医者さん

つしまファミリー歯科、歯科医師の安藤です。

今回は子供の虫歯についてお話しさせていただきます。

子供の時期の虫歯の発生率は極めて高いです。

子供の虫歯の発生機序は、大人と本質的には違いはありません。

しかし、その虫歯環境が大いに異なります。すなわち、歯の形態的な違い、歯の組織的な違い、および組成上の違い、食物の差、生活習慣、環境の違いなどです。

⭐️乳歯虫歯の特徴

・虫歯の罹患性が高い

乳歯の虫歯は永久歯に比べて、一時に多数歯の多歯面に罹患することが多いです。また、乳歯では永久歯と比べると平滑面、歯と歯茎のきわ、歯と歯の間などの部位に比較的多く虫歯が認められます。

・虫歯の進行が速い

虫歯の進行が極めて速い。短期間のうちに歯の大部分が崩壊したり、根っこだけの状態になることが多い。このために乳歯の虫歯は修復することも大切ですが、多数歯に渡って虫歯が発生している場合には、まず虫歯の進行を抑制することが肝心です。

・歯髄炎や歯根膜炎に移行しやすい

子供の虫歯は進行が急速であることに加えて、自覚症状が少ないために、気づかないうちに歯の神経や歯周組織にまで炎症が波及していることが多いです。

・第二象牙質の形成が活発

子供の虫歯は進行が速いのが特徴でありますが、その反面、乳歯歯髄の再生能力や治癒能力は盛んです。そのため、噛むことから歯が削れたりすることや、虫歯が進行すると、歯の中の神経が虫歯から逃げて感染を防ぐ能力が永久歯よりも優れています。

・小児の発育環境に影響される

小児の在胎児から乳児期を通じての発育環境は歯の形成に大きな影響を及ぼし、虫歯の発生に関係する。未熟児や人工栄養児などでは、むし歯の頻度は高い。

・乳歯むし歯の発生部位に特徴がある

乳児むし歯の発生は、上の顎の前歯と下の顎の奥歯に多く、下の前歯は極めて少ないです。

これらのように子供の歯は大人と比べて比較的進行が早くう失うリスクが高いです、速い時期に歯を失うとその後の歯並びにも大いに関係してきてしまいます。

日頃のホームケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアを大切にしてください。

津島市の歯医者 つしまファミリー歯科

tel 0567-26-4335

2019年10月
« 9月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
ページの先頭へ戻る