*

Blog

ブログ

*

口腔機能訓練

こんにちは🌟

津島市柳原町 名鉄津島線津島駅より徒歩7分 名鉄バス停東柳原町目の前
歯科医院専用駐車場15台でご家族みなさま通いやすい予防歯科を大切にする歯医者さんつしまファミリー歯科、歯科衛生士の今田です😊

もうすぐクリスマスですね✨🎄✨

クリスマスが過ぎたら一気に年末を迎え何かと気忙しく感じますね💦

体調を崩したりしないように楽しいお正月を迎えてくださいね😊

私は前回の在宅口腔ケアの研修会に続き在宅口腔ケアアドバンスの研修会に参加しました。

今回は口腔機能訓練の事を学んで来ましたので少しお話したいと思います💡

研修会では在宅口腔ケアを必要とする方の色々な症例について話し合いました。その中でも私が気づいた事は在宅口腔ケアを依頼される患者さまやそのご家族の方は肺炎の予防やお口からのお食事など患者さまが少しでも良い状態でお食事が出来るようになることを望んでみえる方が多い事でした。

お口からお食事をとることは普通の事なのかもしれませんが口腔機能が衰えてくると色々な問題が生じてしまう事があります。

その口腔機能を維持・向上させるためにはお口やその周囲の筋肉のトレーニングが必要となります。

その中のいくつかをご紹介したいと思います😊

☆嚥下(えんげ)体操

嚥下(えんげ)とは「飲み込み」のことです。嚥下は、舌やお口の周り、首などの筋肉を使って、食べ物や飲み物をのどの方へ送り込み、のどを通過した食べ物を食道へ送り込む動作のことです。

嚥下体操はそのために必要な筋肉の体操です。

① 姿勢

まずは、姿勢を整えて座り、全身の筋肉のバランスを整えていきます。

② 深呼吸

鼻から吸って、お口から吐きます。長く息を吐くようにしましょう。嚥下体操を始める前に、気持ちや緊張した筋肉をリラックスさせます。

③ 首の体操

嚥下に関係する筋肉は、首に多く集中しています。

ゆっくり後ろを振り返る。左右とも行う

耳が肩につくようにゆっくりと左右に倒す。

首を左右にゆっくりと1回ずつまわす。

④ 肩の体操

息を吸いながら肩を引き上げて、スッと力を抜くように息を吐きながら肩を下げます。

⑤ 口の体操

口を大きく開けたり、口を閉じて歯をしっかり噛み合わせたりを繰り返す。

口をすぼめたり、横に引いたりする。

⑥ 頬の体操

お口の中に空気をため、頬を内側から膨らませたりすぼめたりします。

⑦ 舌の体操

舌をべーと出す。舌を喉の奥の方へ引く。

舌で口の両端をなめる。

舌で鼻の下、あごの先をさわるように動かす。

⑧ 発音練習

「パ」「タ」「カ」「ラ」をゆっくりはっきり繰り返さしいう。

⑨ 咳払い

お腹を押さえてエヘンと咳払いをする。

以上の体操をお食事の前やテレビを見ながらお風呂に入りながらなど行うと良いでしょう。

大切なのは無理せず毎日持続していくことです。お食事の前の準備体操だと考えて実践してみてくださいね😊

嚥下とはとても大切な口腔機能のひとつです。口腔機能の維持・向上させて皆さん美味しく楽しいお食事が出来るようにしてくださいね✨

他にも口腔機能訓練は色々あります。何か聞きたい事があればスタッフに聞いてくださいね😊

津島市の優しい歯医者 つしまファミリー歯科へ

Tel 0567−26−4335

2019年7月
« 6月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031 
ページの先頭へ戻る