*

Column

お口の健康コラム

*

赤ちゃんの骨や歯は、いつ頃できるの❓

みなさん、こんにちは☆

愛知県津島市にあります、歯科医院つしまファミリー歯科の院長、安藤です。

今回は歯の発育のお話しをさせていただきます。

赤ちゃんの骨や歯はいつ頃、どのように作られるのでしょう❓

また、その頃にどんなものをたくさん食べたら赤ちゃんの骨や歯を丈夫にできるでしょう。

赤ちゃんの骨や歯は、妊娠初期に作られはじめます。

赤ちゃんの顎の骨は胎生6週頃から、乳歯は胎生7週頃作られ始めます。

歯は、最初『歯胚』というタンパク質のかたまりのような状態ですが、胎生4ヶ月を過ぎた頃から、歯胚にカルシウムやリンが沈着して硬くなりはじめます。(石灰化)

骨や歯の育成には、カルシウムやリン以外にもタンパク質やビタミンEなど、さまざまな栄養素が必要となるので、バランスの良い食事を心がけましょう。

胎児の歯の形成時期と、歯の発育に必要な栄養素

☆胎児の歯の形成時期

歯の種類によって多少の差はありますが、乳歯の歯胚の形成がはじまるのは胎生7〜10週頃から、歯の石灰化がはじまるのは胎生4〜6ヶ月からです。乳歯の前歯(乳切歯)は、出生時には口腔内に生えてくる部分(歯冠)の4分の5くらいまでは形成されていますが、乳歯の奥歯(乳臼歯)は歯冠の一部しか形成されていません。乳歯は出生後に歯冠が完成し、続いて歯根が形成されてくると、徐々に口腔内へと移動してきて、生後半年頃から生え始めます。

また、永久歯の歯胚も胎児の頃からつくられ始めます。6歳頃から生える永久歯の奥歯(第一大臼歯)の歯胚は胎生4ヶ月頃から、永久歯の前歯(永久切歯)の歯胚は胎生5ヶ月頃から、それぞれ形成が始まります。ただし、永久歯の石灰化がはじまるのは出生児頃からです。

☆歯の発育に必要な栄養素

一般的に”骨や歯を強くする栄養素=カルシウム”というイメージが強いと思います。しかし、骨や歯を丈夫にするのは、カルシウムだけではありません。確かに胎児の骨や歯の形成時期に母親がカルシウムを十分に摂取することはとても大切ですが、①カルシウムと同様に、骨や歯を石灰化させる働きを持つリンとの摂取比率を考える(カルシウムとリンは2:1の摂取比率が良いとされています)②カルシウムを代謝させる働きをもつビタミンDも一緒に摂るようにする、などに配慮することで、より効果的にカルシウムを活用することができます。

まずは、食事の栄養バランスを全般的に整えることが大切です。

胎児の骨や歯の形成時期には、そのプラスαとしてカルシウムを多く含んだ食品を意識的に摂取すると良いでしょう。

意外と知られていませんが、カルシウムは牛乳や小魚、チーズ(チーズはカルシウムだけでなく塩分も多く含まれているので、摂りすぎには要注意です)ばかりではなく、小松菜やひじきなどにも多く含まれています。野菜や海藻類であれば、サラダや煮浸し混ぜご飯など、調理法にバリエーションがあり、メニューにも取り入れやすいでしょう。

☆歯の発育に必要な栄養素

・歯胚の形成に役立つ → タンパク質

・歯の石灰化に役立つ → カルシウム、リン

・カルシウムの代謝を助ける → ビタミンD、(E)

・エナメル質の基礎を作る → ビタミンA

・象牙質の基礎を作る → ビタミンC

 

2017年5月開業 津島市のやさしい歯医者(歯科、歯科医院)

つしまファミリー歯科へ

TEL0567−26−4335
皆様のご来院をスタッフ一同、笑顔でお待ちしています☆

 

ページの先頭へ戻る